ガラス作家 田中加奈子の制作日記

作品制作にまつわるエトセトラ

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで③~完成編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

  

今回は、シリーズ③の完成編です。

前回から時間が空いてしまったので、忘れちゃった方は↓↓↓を読んでくださいね♪

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで①~イメージ編~

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで②~制作編~

 

 

 はい、早速ですが、完成した姿をご覧ください!

 

 

まずは消灯時

 

 

f:id:piconoglass:20200808180820j:image

 

 

全ての面で模様が違うので、くるくる回して好きなところを探すのも楽しいかも
f:id:piconoglass:20200808180907j:image

 

 

近くで見るとこんな感じ
f:id:piconoglass:20200808180823j:image

 

 

小さな足がついています
f:id:piconoglass:20200808180919j:image

 

 

前回のブログでも書きましたが、コーラの瓶を再生しています

コカ・コーラのロゴが好きなので、うっすらと残っているものもつかいました)
f:id:piconoglass:20200808180848j:image

 

 

次は昼の点灯時

 


f:id:piconoglass:20200808180845j:image

 

 

やはり消灯時とはかなり印象が変わりますね
f:id:piconoglass:20200808180831j:image

 

 

近くでみるとこんな感じ

f:id:piconoglass:20200808180854j:image

 

 

沖縄でたくさん見かけるセロームという植物を育てていて、丁度剪定したものがあったので一緒に撮影してみました
f:id:piconoglass:20200808180900j:image

 

 

沖縄をイメージしてつくったランプ

セロームと相性が良くて嬉しい^^
f:id:piconoglass:20200808180911j:image

 

 

 

そしてここからは夜間の点灯時

 

f:id:piconoglass:20200808180842j:image

 

 

f:id:piconoglass:20200808180839j:image

 

 

ガラスのそのものの美しさに目が奪われますね
f:id:piconoglass:20200808180834j:image



f:id:piconoglass:20200808180851j:image

 


f:id:piconoglass:20200808180828j:image

 


f:id:piconoglass:20200808180914j:image

 

 

 

大好きな沖縄についてアレコレ思いを巡らせながら制作する時間は本当に幸せでした!

 

私にオーダーしてくれて、ありがとう(#^.^#)

 

 

 

 

オーダーしてくれたやーちゃんは、少し前から沖縄のやちむん(焼き物)をモチーフにネイルや、アクセサリーを制作されていて、それがとっても素敵なので是非Instagram見てください!!

 

「umsun(うむさん)」のInstagram

https://www.instagram.com/umsun.20200701/?hl=ja

 

 

 

お店に納品した時の写真

石敢當の隣に設置してもらえて光栄です!! 

f:id:piconoglass:20200808184441j:image

 

 

 

 

 

今回は以上です!

 

また次回をお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで②~制作編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

前回の「イメージ編」の続きで、今回は「制作編」です。
piconoglass.hatenablog.com

 

 

たくさんイメージ画を描いてみて、一番しっくりきた↓のデザインを選びました。

頭の中で「このデザインは手間がかるよ~他のデザインの方が何倍も作るの簡単だよ~」という声が聞こえても、私自身が仕上りを見たいと思うものを作りたいんですよね。

f:id:piconoglass:20200717114939j:image

 

 

前回のブログで「琉球ガラス」のはじまりは再生ガラスだったことについて書きました。本来は廃ビンをドロドロに溶かして、吹きガラスとして再生するのですが、廃ビンを再生させるということを大事にしたいと考えました。

 

しかもアメリカの飲み物であることにもこだわってみました。

 

 

今回使ったのはこの2種類(コカコーラとバドワイザー

f:id:piconoglass:20200717114317j:image

瓶のコーラが1本単位で買えなくて1ダース買いました(°▽°)

 

 

 それを細かく砕いて、、、

f:id:piconoglass:20200717114443j:image

 

 

こんな感じに棚板に並べます
f:id:piconoglass:20200717114439j:image

 

 

それを電気炉に入れて、この中で溶かし固めます。

(今回は約800℃で焼成しました)
f:id:piconoglass:20200717114433j:image

 

 

窯出し後のガラスは角がとれて丸みを帯びたカタチに
f:id:piconoglass:20200717114436j:image

 

 

↑の中からイメージに合うものを選び、実物大の型紙の上にバランスを見て並べていきます。
f:id:piconoglass:20200717114429j:image

 

 

実物大のデザイン画を描き、これをトレースしたものを一つ一つ切り離して、型紙を作っていきます。
f:id:piconoglass:20200717114426j:image

 

 

メインで使うガラスは↓の複雑で深い色合いの2種に

(左側が反射光、右側が透過光)

f:id:piconoglass:20200717121846j:image

 

f:id:piconoglass:20200717121850j:image

 

 

反射光と透過光ではガラスの見え方が変わるので、作品の展示場所や用途によってどんなガラスにしていくかが重要となります。

 

その事についてまとめたブログ

piconoglass.hatenablog.com

 


 メインで使う板状のガラスを型紙に合わせて切ります。

f:id:piconoglass:20200717153702j:image

切るというより割りとっていく感じ

 

 

必要なパーツを全て切り取りました。
f:id:piconoglass:20200717153705j:image

 

 

切り出したガラスパーツ一つ一つの周りをぐるりと銅テープで巻きます。
f:id:piconoglass:20200717153708j:image

全部で約200ピースになりました~

 

 

それらをハンダでつないでいきます。

 

途中でライトにかざして見たりする瞬間が幸せすぎる、、、
f:id:piconoglass:20200717153712j:image

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

次回は「完成編」です。

お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで①~イメージ編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

しばらくぶりな上に、前回のブログで「次はアクセサリー制作について書く」と言っていたのですが、先日納品したランプについて書きたいと思います。

 

オーダーいただいたのはコチラのお方

f:id:piconoglass:20200704154402j:image

 

 東京都豊島区にてネイルサロンを営んでいるネイリストさんの三宅弥生さん(以下やーちゃんとお呼びします)

 

やーちゃんのブログInstagram

 

 

やーちゃんは沖縄出身のネイリストさんで、今回オーダーいただいた際にも「何かしら沖縄の要素を入れて欲しい」とのことでした。

 

私にとって沖縄は特別な場所。学生の時に初めて旅行にいった時からハマってしまい、一人旅でも、旦那さんとも何度も訪れているところ。

 

唯一のアクティブな趣味であるダイビングのライセンスをとったところも沖縄の海でした。

f:id:piconoglass:20200704174122j:image

透明度が高い~

 

 

はじめて沖縄を旅行した時に印象的だったのは植物のエネルギーの強さ

 

雨風の強さから木造より鉄筋コンクリート造の建物が多い沖縄。

それを丸ごと飲み込むような、はたまた包み込むように枝葉、根が張り巡らされている様に目を奪われました。

 

f:id:piconoglass:20200704174509j:plain


f:id:piconoglass:20200704185652j:image

 

離島も好きで、のんびり海ばっか見てすごしたり、レンタルスクーターで島を一周したり、島に一軒しかない居酒屋で新鮮なシャコ貝をつつきながら泡盛飲んだり、、、

 

そうそう、沖縄で泡盛を注文すると必ず琉球ガラスのグラスが出てきました。

f:id:piconoglass:20200704174401j:plain

 

明るい色と気泡、ぽってりと地厚で素朴なグラス

 

琉球ガラスが今のような味のあるガラスになったのは戦後で、アメリカから輸入されたコーラやビールの空き瓶を再利用してつくられるようになってからと言われています。

 

瓶を溶かして再生すると、気泡が入ったりガラスの質が落ちるのですが、それが逆に魅力となって生まれ変わったのが琉球ガラスなのです。

 

今も空き瓶を再生してつくっている作家さんがいらっしゃいますよ〜

 

沖縄の音楽も好きです。三線はできる気がしなかったので、三板と言う沖縄のカスタネットを練習したりしていました。


喜納啓子 Ohana/昌代 :三板(ヒヤミカチ節)

カッコイイ~!!残念なことに私は全然上達しませんでした(*ノωノ)

 

他にも、のんびりした時間の流れ方や、唄をうたっているかのようなイントネーションも、ぽってりした天ぷらも、余計なものが全然入っていないフレッシュジュースだったり、大好きなものがたくさんある沖縄。

 

たくさんありすぎて選べないので、好きなものを一つ一つ思い浮かべ、色んな角度から見つめて、潜在意識に投げ込んでいきます、、、

 

それからしばらくは何も考えないで過ごし、散歩の最中や湯舟に浸かっている時など、緩んでいる時にイメージが浮かんでくるのを待ちます。

 

で、浮かんできたのは、大好きな沖縄を詰め込んだランプのイメージでした。

 

 

 

今回はここまで!

 

次回は「制作編」です。

お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

 

沖縄に行くときには、いつもこの本を読み返しています~

なんくるない (新潮文庫)

なんくるない (新潮文庫)

 

 

(オーダー制作)虹色グラデーションランプ③ 〜完成編〜

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

コチラ↓↓↓のお方にオーダーいただいたテーブルランプについて書いてきましたが、今回で完結です。

 

f:id:piconoglass:20200313110802j:image

北海道札幌市白石区の美容室old main lodge(オールドメインロッジ)の服部直人さん

※以下ナオトとお呼びしま〜す

ナオトのブログ

ナオトのYouTube

 

 

 今までの記事を読んでいない方は先に↓↓↓を読むとわかりやすいと思います!

(オーダー制作)虹色グラデーションランプ① 〜イメージ編〜

(オーダー制作)虹色グラデーションランプ② 〜制作編〜

 

 

今回のランプは昼夜問わず点灯することを想定していて、消灯時より点灯時の見え方が美しくなるよう制作しました。

 

中には点灯するとこんな模様が浮かび上がるガラスもあります。

f:id:piconoglass:20200318180354j:image


f:id:piconoglass:20200318180358j:image

 

 

 

他にも色んな工夫や想いが詰まっているのですが、特にこだわってつくった点が2つあります。

 

 

色の変化をグラデーションにしたことと、全てが曲線(曲面)で構成されていること。

f:id:piconoglass:20200318181102j:image

f:id:piconoglass:20200318181054j:image

 f:id:piconoglass:20200318181105j:image

 

一般的なステンドグラスのランプは、色のついた板状のガラスを切ってパッチワークのようにつなげていくため、その境目で色がくっきり分かれるようなデザインになることが多いです。

 

また、板状のガラスを切ることで、ガラスの特性上、直線(平面)から構成される形になることも多いのです。

 

もちろん、だからこその美しさもあって、私はそれも大好きです^^

 

f:id:piconoglass:20200318181107j:image


f:id:piconoglass:20200318181058j:image

 

最初に降りてきた「虹」と「地球」というイメージから、具体的なデザインを考えている時に、以前聞いたことがある、宇宙飛行士の名言を思い出しました。

 

宇宙から眺めた地球は、たとえようがなく美しかった。国境の傷跡など、どこにも見当たらなかった。

ムハンマド・ファーリス(シリア)

 

 f:id:piconoglass:20200318190635j:image

 f:id:piconoglass:20200318190632j:image

 

 

私が表現したいと感じたものは ボーダーレスの世界観だったのです。

 

国境だけでなく、表と裏、善と悪、自然と人工、他者と自分、、、その境界がない世界。

 

全てが同時に存在していて、その混沌をそのまま受け入れる世界。

 
f:id:piconoglass:20200318190617j:image

 

壁や床への映り込みも強く意識してつくっています。ナオトの持つLOVE&PEACEの精神が広く拡がっていきますようにと願いを込めて。


f:id:piconoglass:20200318190642j:image

いつになくスケールの大きい作品になり少し驚いてもいますが、この作品をつくらせてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ナオト、私にオーダーしてくれて本当にありがとう!!!

 

 

 

最後にもう一つ、宇宙飛行士の名言を。

 

サハラ砂漠の砂嵐で巻き上げられたオレンジ色の雲が、気流でフィリピン上空まで運ばれ、雨で地上に降っていくのを見た。そのとき、私たち地球人はみんな同じ船で旅をしているのがわかった。

ウラジーミル・コマロフソ連) 

f:id:piconoglass:20200318190629j:image

 

 

 今回は以上です!

 

次回は最近楽しく制作しているアクセサリーについて書きたいと思っています。

 

お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに現在たくさんのオーダーをいただいております。現在お受けすると、最短で2020年秋〜冬頃のお渡しとなります。お時間は頂戴しますが、あなたのためだけの一点物を制作しますので、詳細は直接メール(piconoglass@gmail.com)や各種SNSのメッセージ機能にてお気軽にご相談ください^ ^

(オーダー制作)虹色グラデーションランプ② 〜制作編〜

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

前回に引き続き↓↓↓のお方にオーダーいただいたテーブルランプについて書いていきます。

f:id:piconoglass:20200313110802j:image

北海道札幌市白石区の美容室old main lodge(オールドメインロッジ)の服部直人さん

※以下ナオトとお呼びしま〜す

ナオトのブログ

ナオトのYouTube

 

 

前回を読んでいない方はコチラからどーぞ

piconoglass.hatenablog.com

 

 

それでは早速、制作過程をご紹介していきます。

 

 

①ランプベースの選定

今回は設置場所を後々変えられるものが良かったので、形状としてテーブルランプに決定。つくりたいもののイメージからいうと、どっしり自立するものというよりかは、自由な浮遊感を出したかったため、これからガラスでつくるシェード部分を吊り下げるタイプのランプベースを探すことにしました。

f:id:piconoglass:20200317150056j:image

 

需要が少ないステンドグラスのランプベース。廃盤につぐ廃盤で理想的なものに出会うまで大変だったぁ_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

②ガラスパーツを作成

ランプベース探しと並行して、ガラスパーツの制作も進めていました。

 

以前、書いた下の記事の要領でガラスを焼いていきます。

piconoglass.hatenablog.com

  

元のガラスはこんな板状のもの

f:id:piconoglass:20200317114150j:image

 

これを小さく切ったり砕いたりしたものを
f:id:piconoglass:20200317114153j:image

 

重ねて並べて、電気炉にいれて焼成

f:id:piconoglass:20200317114707j:image

 

焼き上がったものがコチラ
f:id:piconoglass:20200317114704j:image

 

今回は使用する数が多いので、ひたすらガラスを焼いていきます。

 

 

③モールドを作成

ランプベースが届いたら、サイズ感を確認してモールドをつくります。

 

モールドとは?

ステンドグラスで曲面を出すための「型」です。このモールドに沿わせながら形を作り上げていきます。

 

今回は真ん丸球体のランプシェードを作りたいので、作品のサイズに合わせた発泡スチロール球を用意します。

f:id:piconoglass:20200317120006j:image

 

主に工事補修に使われるアルミテープを発泡スチロール球全体に巻いていきます。伸縮はしないので、擦り付けながら球体に沿わせます。
f:id:piconoglass:20200317115951j:image

 

これにガラスパーツをハンダで繋げて球体をつくっていくので、ガラス固定するためのパーツを取りつけます。

 

これでモールドは完成!

f:id:piconoglass:20200317115959j:image

長ーいボルトを貫通させて、両端にナットで止めています。

 

 

④ガラスパーツを球体に繋いでシェード部分をつくる 

②でつくったガラスパーツを一つ一つハンダでつないでいきます。全体の仕上がりがイメージ通りになるよう、ガラスのパーツの色や表情をよく見て、どこにどのガラスを使うか選びながらの作業です。

f:id:piconoglass:20200317115956j:image

 後で数を数えたら全部で300個弱ありました。その内半数くらいは②で私が焼成したガラスを使っています。

 

モールドを後で取り外すので、真ん中で上下に分かれるようにつくります。

 

モールドを取り外した状態

f:id:piconoglass:20200317120003j:image

この時点で既に下に落ちる透過光と影が美しい、、、 

 

 

外したものの内側から補強のための銅線をいれ、よく洗浄する、

 

上下を合わせて球体にして、ハンダ付けをして、、、

 

 

 

完成! 

 

 

 

今回は制作編なのでここまで!

 

次回の「完成編」をお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

チラ見せ

f:id:piconoglass:20200225104919j:plain

 

 

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに現在たくさんのオーダーをいただいております。現在お受けすると、最短で2020年秋〜冬頃のお渡しとなります。お時間は頂戴しますが、あなたのためだけの一点物を制作しますので、詳細は直接メール(piconoglass@gmail.com)や各種SNSのメッセージ機能にてお気軽にご相談ください^ ^

(オーダー制作)虹色グラデーションランプ① 〜イメージ編〜

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

今回は少し前に完成したテーブルランプのブログを書きたいと思います。

 

 

オーダーいただいたのはコチラのお方

f:id:piconoglass:20200313110802j:image

 

北海道札幌市白石区の美容室old main lodge(オールドメインロッジ)の服部直人さん

※以下ナオトとお呼びしま〜す

ナオトのブログ

ナオトのYouTube

 

出会いは、こちら↓の作品を収めた野武屋本店、千葉の床屋のおっちゃんこと、ノブさんを通してfacebookでお友達になりました。

piconoglass.hatenablog.com

 

 

ナオトのことは、ノブさんや他の理美容師さんのブログで見かけていて、実は前から気になる存在でした。トレードマークの金髪はもちろん、いつもとてもオシャレで見た目のインパクト抜群(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

facebookで友達になった後も、軽妙なコメントのやりとりでますます興味が湧きました。

 

そんなナオトとは、昨年の10月に札幌のお店にお邪魔することができ、友人の髪を綺麗にしてもらいながら、おしゃべりしたり、楽しい時間を過ごすことができました。

 

ただただ、楽しかったなぁ〜♪

f:id:piconoglass:20200316151840j:image

左から

金髪美容師ナオト(old main lodgeブログ

イヤーアクセサリー作家メアリーちゃん(EmbellirMaryブログ

アロマストーン作家まゆみん(まゆみんブログ

 

 

ナオトのお店old main lodge(オールドメインロッジ)は店主の世界観に溢れていて、一つ一つ手にとって、エピソードを聞いて見たくなるような興味深いものがたくさん!

 

「あの子面白そうだな〜」って思っていた同級生の男の子の部屋に遊びに来たみたいな感じ!

 

そういや↑の写真の時も友達の部屋でみんなで遊んでる学生のノリと変わんなかった|( ̄3 ̄)|

 

 

そんなナオトのお店への作品をつくるにあたって、降りてきたイメージは2つ

 

 

f:id:piconoglass:20200316175230j:plain

 

 

地球

f:id:piconoglass:20200316175309j:plain

 

 

 

なぜこの2つなのか、この時点では言葉にできるほど理解してませんでしたが、作品が出来上がってくるにつれて、深くその理由がわかっていくのではないかと、制作を進めることにしました。

 

 

 

今回はここまで!

 

次回の「制作編」をお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

《地球の画像を見て思い出したので、ちょっと映画のお話を》

米ソ冷戦時代の宇宙開発競争もののお話しがとても好きです。

昨年観た映画「ファースト・マン」が最高に面白かった!!!私の中で今まで観た映画の中で5本の指に入るほど心が震えました、、、

ファースト・マン (字幕版)

ファースト・マン (字幕版)

  • 発売日: 2019/06/19
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ただこの時代の宇宙開発について知識がない場合は、事前に勉強しておかないと鳥肌ものの感動は味わえないと思います。そんな方はこちらを観てから本編を観ることを強く強くオススメします!!!!!!!


岡田斗司夫ゼミ#269(2019.2)恐怖と贖罪のホラー映画『ファースト・マン』を完全解説。事故死や娘の死から逃れて行き着いたのは、月面という死の世界だった。聞いたら必ず見たくなるので御用心!

 

 

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに現在たくさんのオーダーをいただいております。現在お受けすると、最短で2020年秋〜冬頃のお渡しとなります。お時間は頂戴しますが、あなたのためだけの一点物を制作しますので、詳細は直接メール(piconoglass@gmail.com)や各種SNSのメッセージ機能にてお気軽にご相談ください^ ^

(オーダー制作)自分に還る時間を照らすランプ・後編

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

前回に引き続き、「自分に還る時間を照らすランプ」というオーダーで制作したテーブルランプについて書きたいと思います。

 

 

前回を読んでいない方は是非こちらを^^

piconoglass.hatenablog.com

 

 

前回はこんな2種のガラスパーツをつくり終えたところまでお伝えしました。

f:id:piconoglass:20200206093513j:image
f:id:piconoglass:20200206093516j:image

 

ここからはこのガラスパーツを組み立てていくところの工程をご紹介したいと思います。

 

まずはガラスの粒たちの側面に銅テープを巻く

f:id:piconoglass:20200206093635j:image

 

それらをハンダづけしていく

(一時的に強度が必要になるので、一旦はがっちりハンダをのせます)
f:id:piconoglass:20200206093617j:image

 

紙の模型に合わせてパーツを配置
f:id:piconoglass:20200206093610j:image

 

全体にハンダを乗せた後、上下に補強を入れる
f:id:piconoglass:20200206093607j:image

 

ハンダ作業が終わったところ

(先ほどはガラスの粒たちをがっちりハンダで固定していたのですが、ここで不要なハンダ落とします。右側に落ちているのがそのハンダです。)
f:id:piconoglass:20200206093628j:image

 

ランプベースに合わせて、ハンダ部分を褐色に染める
f:id:piconoglass:20200206093613j:image

 

染めるとこんな感じ

f:id:piconoglass:20200206093632j:image

 

スパイダー(ランプベースに取り付けるための金具)をつける
f:id:piconoglass:20200206093620j:image

 

スパイダー自体もハンダでメッキし、褐色に染めてからつける
f:id:piconoglass:20200206093625j:image

 

 

 

 

そうして完成したものがこちらです!

 

 

 

まずは消灯時

f:id:piconoglass:20200208134414j:image

 

f:id:piconoglass:20200208134408j:image

 

メインのガラスの気泡や、線状の模様も綺麗に出ています
f:id:piconoglass:20200208134411j:image

 

 

続いて点灯時
f:id:piconoglass:20200208134440j:image

 

壁に映った影も楽しめます
f:id:piconoglass:20200208134422j:image


f:id:piconoglass:20200208134430j:image

 

グリーンを配置してみました
f:id:piconoglass:20200208134436j:image


f:id:piconoglass:20200208134425j:image

 

暮らしの中での見え方も撮影しました
f:id:piconoglass:20200208134401j:image


f:id:piconoglass:20200208134428j:image


f:id:piconoglass:20200208134419j:image


f:id:piconoglass:20200208134404j:image

 

 

シンプルなフォルムで色味も淡いため、パッと目を惹くタイプの照明ではないかもしれませんが、ガラスの表情にこだわって、長く楽しんでもらえるランプになったと思います。

 

 

それと、オーダーしてくださった方が、ランプを点灯したお部屋の写真を見せてくださったのですが、それがとっても素敵なので是非見てください!

f:id:piconoglass:20200208134433j:image

依頼者さんが自身で選び大事にしているだろう品々は、どれも実物をじっくり見たいくらい興味深いものばかり。この空間に仲間入りできて嬉しい^^

 

自分に還る時間を照らすランプ

 

1日の終わりにランプだけの明かりで過ごし、心の声に耳をかたむけたり、ただ此処に居るだけの感覚を味わったり、、、そんな豊かな時間のお供になれたら幸いです。

 

 

 

今回は以上です!

また次回をお楽しみに☆〜(ゝ。∂)

 

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに現在たくさんのオーダーをいただいております。現在お受けすると、最短で夏~秋頃のお渡しとなります。お時間は頂戴しますが、あなたのためだけの一点物を制作しますので、詳細は直接メール(piconoglass@gmail.com)や各種SNSのメッセージ機能にてお気軽にご相談ください^ ^