ガラス作家 田中加奈子の制作日記

作品制作にまつわるエトセトラ

(オーダー制作・ピアス)ネイルに合わせて

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

引き続きアクセサリーのオーダー作品について書いていきます。

 

 

 

今回、ピアスをオーダーしてくださったのは、コチラのお方!

f:id:piconoglass:20200821171929j:image

いつも美味しそうなお料理の写真をアップしているお料理上手なしげみさん(^^♪

 

ありがたいことに、しげみさんも「完全オマカセ」でオーダーしてくださったので、どんなピアスにしようかなぁと思っていたところに、耳よりな情報が、、、

 

ネイリストのごまきちゃん(後藤まきさん)にネイルチップをお願いしたとのこと!

f:id:piconoglass:20200821171958j:image

ごまきちゃんInstagram

 

 

『咲き誇るネモフィラ』のイメージでつくられたネイルチップ

f:id:piconoglass:20200821174508j:image

 指先にお花が咲いたみたい、、、(*^^*)

 

 

よし、この素敵なごまきちゃんネイルと一緒に身につけてもらえるピアスにしよう!!

 

 

 今回制作するにあたって意識したのは↓の3点

 

・ネイルチップと合わせてつけたくなるデザイン

・しげみさんの鈴の音のような明るい声

・大人の女性のためのピアスなので安っぽくならないように

 

 

 

 ではここからは制作過程

 

 

今回は色んな色のガラスを少しずつ使うことにしました。

 

 

こんな色ガラスや

f:id:piconoglass:20191011084632j:plain

 

 

オーロラカラーのガラスも使うことに

f:id:piconoglass:20200821180812j:image

 

 

それらを細かく砕いて並べていきます

f:id:piconoglass:20200821180839j:image

 

 

電気炉(ガラス用のオーブン)で、今回は少し高めの温度帯で焼成

f:id:piconoglass:20191011163350j:plain

電気炉の写真はいつもの使いまわしです~

 

 

焼き上がったのがコチラ
f:id:piconoglass:20200821180843j:image

 

小さいサイズのガラスは、高温で熱するとほぼ真ん丸になるんです!

 

↑の真ん丸ガラスを集めてカタチをつくります

f:id:piconoglass:20200821180846j:image

 

 

これをもう一度、電気炉(ガラス用のオーブン)に入れて、先ほどより低い温度帯で焼成し、ガラスの粒同士を溶着させます。

 

焼き上がったものがコチラ
f:id:piconoglass:20200821180849j:image

 

 

見ため的には何にも変わっていないです('ω')ノ

熔けすぎて、カタチを崩したくなかったので、このくらいの焼き加減で今回はOK!

ですが、強度の問題でいうと少し不安が残ります。今回はガラス用の特殊な接着剤で補強することにしました。

※この接着剤は、髪の毛くらいの細い隙間にも入っていくくらい粘度が低いのです。ガラスの隙間を埋めるように塗布しました。

 

 

接着剤が硬化したら、ピアスの金具を取り付けて、、、

 

 

 

完成!!

 

 

まずは白い背景

f:id:piconoglass:20200821202849j:image

 


f:id:piconoglass:20200821202900j:image

 

 

黒い背景でも
f:id:piconoglass:20200821202846j:image

 

 

着画っぽく写真集の上で
f:id:piconoglass:20200821202903j:image

 


f:id:piconoglass:20200821202853j:image

 

 

今回もふわふわに包んで発送しました
f:id:piconoglass:20200821202856j:image

 

 

 

少し前にしげみさんが着画を投稿してくださいました!

f:id:piconoglass:20200821203536j:image

品の良い大人可愛い雰囲気が出てますよね^ ^

 

 

しげみさん、私にオーダーしてくださって本当にありがとうございました!

ごまきちゃんのネイルチップとガラスのピアスをつけたしげみさんに、お会いできる日を楽しみにしてます〜♬

 

 

 

 

さて、今回の身に着けるガラスアートはいかがだったでしょうか?

 

私のつくるアクセサリーは、身に着けるアートとしてつくっていますが、外して置いておいても、アート作品として眺めて楽しめることを意識して制作しています。

 

現在オーダーに関しては既に受け付けている方のみとしていますが、特にアクセサリーについて沢山のお問合せをいただいております。

 

つきましては、オーダーではなく【リクエスト】という形で承ろうかと考え中です。詳細は決まり次第改めてお知らせしますので、Instagramをフォローしてお待ちください^^

 

 

 

 

今回は以上です!

 

 

また次回をお楽しみに☆〜(ゝ。∂)

 

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!

HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

 

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ピアス)ユニセックスなアクセサリー

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

 

引き続きアクセサリーのオーダー作品について書いていきます。

今回は男性の方から「片耳用のピアス」をオーダーいただき制作したお話です。

 

 

 

オーダーしてくださったのは、愛知県みよし市の美容師さん マサさんこと丹羽雅人さん

f:id:piconoglass:20200817121925j:image

↑のプロフィールを見て読んでいただきたいのですが、マサさんとってもオシャレなんです!!

 57歳ですって!!びっくりです!!

 

 

ご家族の皆さんが美容師さんということもあり、髪色もいつも個性的!シャツもおしゃれなんですよね~

f:id:piconoglass:20200818101220j:image

 

 

私のつくるガラスは甘いデザインよりユニセックスよりなものが多いので、男性向けということは強く意識しせず、大人の男性がつけられるラグジュアリー感というのを大事につくることにしました。

 

そんなマサさんのためのピアスは↓の3点を意識して制作しました!

 

・個性的な髪色、おしゃれなシャツ合うもの

ユニセックスなデザイン

・片耳のみでも存在感があるもの

 

 

 

 ここからは制作過程

 

 

今回はオーロラカラーのガラスを使います。角度によって色が変わるとても面白いガラスなんですが、お値段が普通のガラスと一桁違う、、、ここぞというときに使いたいガラスです!

f:id:piconoglass:20200818113613j:image

 

 

それと、今回も本物のプラチナ澄を

※「澄(ずみ)」とは「箔(はく)」の10倍くらいの厚みがあるものです。この先の工程で電気炉で焼かれるのですが、「箔」は薄くて高温に耐えられないので、「澄」をつかいます。
f:id:piconoglass:20200818113555j:image

 

 

ベースはオーロラカラーのガラスと、透明なガラスで、透明のガラスの方にプラチナ澄をのせます

 

(上は全面にのせ、下は小片を散らすようにのせています)
f:id:piconoglass:20200818113552j:image

片耳用のピアスですが、どちらか仕上りのいい方を選べるように2通りガラスを焼いています

 

 

それをガラス用のオーブン(電気炉)に入れて、高温で熱して熔着させます

f:id:piconoglass:20191011163355j:plain

毎度の使いまわしの電気炉の写真

 

 

左:焼成前 右:焼成
f:id:piconoglass:20200818113607j:image

 

 

削り出してカタチを整えます
f:id:piconoglass:20200818113610j:image

 

 

ガラスは削ると、白く粉が吹いたような状態になってしまうので、最初に焼成した時より少し低い温度で、ガラスの表面だけが熔けるように再度、電気炉で焼成します。

 

左:焼成前 右:焼成
f:id:piconoglass:20200818113616j:image

 

 

温度を調整したつもりですが、想定していたよりガラスが熔けすぎてしまいました、、、

 

再度、ガラスを削り出して形を整えます
f:id:piconoglass:20200818113602j:image

オーロラカラーのガラスは角度によって見え方が変わるので、この写真はその違いがよくわかりますね!

 

 

ガラスを削りなおしたということは、もう一度電気炉で熱する必要があります。

(今回は全部で3回焼成することになりました)

 

左:焼成前 右:焼成
f:id:piconoglass:20200818113549j:image

 

今度は、エッジも程よく残って、ようやく理想通りの仕上がりに!!

 

 

 で、焼き上がったものをにペンルーターで模様を彫ってきます

f:id:piconoglass:20190723101644j:plain

 こちらも安定の使いまわし写真

 

 

 模様を彫ったガラスに、ピアス金具を取り付けて

 

 

いよいよ

 

 

完成!






 

 

 f:id:piconoglass:20200819071755j:image

 

 f:id:piconoglass:20200819071749j:image

 

角度を変えると、彫った模様がよく見えます

f:id:piconoglass:20200819071752j:image


表、裏、側面、全ての面に模様を彫っています

 f:id:piconoglass:20200819071758j:image

 

 f:id:piconoglass:20200819071802j:image

 

着画っぽく見えるように写真集の上で、、、
f:id:piconoglass:20200818183415j:image

 

 

角度によって色が変わって見えるオーロラカラーのガラス
f:id:piconoglass:20200818183357j:image

 

 

ふわふわの綿に包んで、郵送させていただきました
f:id:piconoglass:20200818183407j:image

 

 

後日、ご本人が着画をSNSで投稿してくださいました!!

 

めっちゃカッコイイっ( *´艸`)

f:id:piconoglass:20200818185458j:image

 本当に57歳!?と疑いたくなる、、、

 

 

お渡ししてから時間がだいぶ経ってしまったのですが、先日「ヘビロテしています!」とお聞きして、とっーーーても嬉しかったです!!

 

あと、このブログの最初の方に貼らせてもらったマサさんのプロフィール写真、このピアスをつけてくださっているんですよ~戻って見てみてください♬

 

マサさん、私にオーダーしてくださって本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

さて、今回の身に着けるガラスアートはいかがだったでしょうか?

 

私のつくるアクセサリーは、身に着けるアートとしてつくっていますが、外して置いておいても、アート作品として眺めて楽しめることを意識して制作しています。

 

現在オーダーに関しては既に受け付けている方のみとしていますが、特にアクセサリーについて沢山のお問合せをいただいております。

 

つきましては、オーダーではなく【リクエスト】という形で承ろうかと考え中です。詳細は決まり次第改めてお知らせしますので、Instagramをフォローしてお待ちください^^

 

 

 

 

今回は以上です!

 

 

次回もオーダーアクセサリーについて書きたいと思います。

 

お楽しみに☆〜(ゝ。∂)

 

 

 

今回つくったガラス2つのうち、ピアスにならなかった方は、自分用のリングになりました!

f:id:piconoglass:20200818193341j:image

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!

HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

 

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ピアス)髪色に合わせて~後編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

  

 

 

今回は前回↓↓↓の続きです~

piconoglass.hatenablog.com

 

 

 

 

こんなカタチに焼き上がったガラスを

f:id:piconoglass:20200814181229j:plain

 

 

ペンルーターを使って模様を彫って

f:id:piconoglass:20190723101610j:plain

相変わらずの使いまわし写真ですみません(/ω\)

 

 

 

 ピアス金具を取り付けて完成したものが

 

 

 

コチラです!!

 

 

 

f:id:piconoglass:20200815125556j:image

 

 

もう少し近くで見ると、、、

 

細いストライプ模様を彫ってあります

f:id:piconoglass:20200815125754j:image

 

 

白い背景で見るとこんな感じ

f:id:piconoglass:20200815125546j:image


f:id:piconoglass:20200815125751j:image

 

 

 

写真集の上に置いてみました

f:id:piconoglass:20200815125549j:image

 

 

表面に彫った細いストライプ模様がわかりやすいですね

f:id:piconoglass:20200815125604j:image


f:id:piconoglass:20200815125553j:image

 

 

そして、オーダーしてくれたなっちゃんがつけた姿がコチラ

 

 

f:id:piconoglass:20200815125559j:image

 

 

反対側はこんな感じです
f:id:piconoglass:20200815125608j:image

 

 

 

とーーーーーーってもお似合いですよね(´▽`*)

f:id:piconoglass:20200815125542j:image

 

 

 

なっちゃんをイメージして制作したピアス。

ご本人に身に着けていただき、ようやく本当に完成です!!
f:id:piconoglass:20200815125537j:image

 

 

 

既製品でも素敵なアクセサリーはたーーーーーーっくさんある中、私にオーダーしてくださって、本当に嬉しかったです!


身に着けるガラスアート

 

そのことを強く意識して、他の大きいサイズの作品とかわらない熱量で制作させていただきました。

 

 

気に入っていただけたら幸いです^^

 

 

なっちゃん、ありがとう!

 

 

 

 

 

あっ、そうそう、

 

なっちゃんの旦那さんの「のぶさん」といえば、最近はすっかり人気YouTuber!!

理美容師さんは必見ですよ♪
www.youtube.com

 

 

 

 

 ガラスは繊細なので、ふわふわの綿と一緒に箱詰めしました^^
f:id:piconoglass:20200815125530j:image

 

 

 

 

 

今回は以上です!

 

次は男性からのオーダーアクセサリーについて書きたいと思います。

 

お楽しみに☆〜(ゝ。∂)

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!

HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

 

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ピアス)髪色に合わせて~前編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

  

 

オーダーにていくつかアクセサリーを制作してきました。

今回から少しずつそのご紹介をしていきたいと思っています。

 

 

どうぞお付き合いください^^

 

 

 

 

では早速ですが、

 

今回オーダーくださったのは、いつも私の髪をお願いしていて、↓の作品をオーダーしてくれた、千葉の床屋のオッチャンこと、のぶさん!
piconoglass.hatenablog.com

f:id:piconoglass:20200814170547j:image

 

 

の奥さまの

 

なっちゃん

f:id:piconoglass:20200814170558j:image

 

 

 

旦那さんののぶさんと同じく「完全にオマカセ」でピアスをオーダーいただきました!

 

 

 

 

なっちゃんはいつもこんな素敵な髪をしていて、「次はどんな髪色になるのかなぁ♪」と、のぶさんのブログで紹介されるのを楽しみにしています。
f:id:piconoglass:20200814170602j:image

 

 

そんななっちゃんの魅力を引き立たせるには、どんなピアスがいいかなぁと考えて、↓の3点を意識して制作することにしました。

 

・どんな髪色でも合わせられること

・ショートヘアに似合う存在感があるもの

なっちゃんの透明感をあらわしたい!

 

 

 

で、ここからは制作過程

 

 

こんな板状のガラスを細く切っていきます

f:id:piconoglass:20191011133912j:plain

 

 

実はガラスを細く切るのって難しいんですよーーー

今回も失敗しまくった( ;∀;)

 

つくりたいサイズに印をつけた方眼紙の上で、バランスを見ながら並べていきます

f:id:piconoglass:20200814181222j:image

 

 

今回は本物の『プラチナ澄』をつかいました

※「澄(ずみ)」とは「箔(はく)」の10倍くらいの厚みがあるものです。この先の工程で電気炉で焼かれるのですが、「箔」は薄くて高温に耐えられないので、「澄」をつかいます。


f:id:piconoglass:20200814181219j:image

 

 

プラチナ澄を細ーく切ってガラスにのせます
f:id:piconoglass:20200814181215j:image

 

 

それを電気炉(ガラス用のオーブン)に入れて、ガラスが完全に熔けてしまう前の温度(今回は750℃)まで上げて、ガラス片同士を熔着させます。

f:id:piconoglass:20191011163350j:plain

この写真は使いまわしです(/ω\)

 

 

焼き上がったものがコチラ
f:id:piconoglass:20200814181211j:image

 

ガラス片同士がしっかりくっつくためには、このくらい熔かす必要がありますが、全体的にぶよんとしてしまい、今回のつくりたいイメージから離れてしまいました。

 

シャープさを出すのと同時に、ガラス特有の重さを軽減させるために、↑↑↑のガラスを削っていきます。

 

 

削ったあとがコチラ
f:id:piconoglass:20200814181229j:image

 

すっきりしたフォルムになりました!

 

 

↑↑↑の写真ではわからないのですが、実は、ガラスの削った後は白く粉を吹いたような質感になってしまうのです。

 

今度は前回よりも少し低めの温度帯に設定し、もう一度、電気炉で熱して、ガラスの表面だけを熔かして、つるんとした表情にしていきます。
f:id:piconoglass:20200814181208j:image

 

 

2回焼いて出来たのがコチラ
f:id:piconoglass:20200814181226j:image

 

 

 

まだコレで完成じゃないですよ~

 

 

もっと繊細さも出していきたいので、さらにここから表面に模様を彫っていきます。

 

ペンルーターをつかって模様を彫ります。

f:id:piconoglass:20200201181402j:plain

この写真も使いまわしです(/ω\)

 

 

 

 

模様を彫ったガラスに、ピアス金具を取り付けて

 

 

 

いよいよ

 

 

 

完成!!

 

 

 

 

 

続きはまた次回(*ノωノ)

 

 

 

 

 

もったいぶってゴメンナサイ!!

 

なる早で更新しますね〜

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで③~完成編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

  

今回は、シリーズ③の完成編です。

前回から時間が空いてしまったので、忘れちゃった方は↓↓↓を読んでくださいね♪

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで①~イメージ編~

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで②~制作編~

 

 

 はい、早速ですが、完成した姿をご覧ください!

 

 

まずは消灯時

 

 

f:id:piconoglass:20200808180820j:image

 

 

全ての面で模様が違うので、くるくる回して好きなところを探すのも楽しいかも
f:id:piconoglass:20200808180907j:image

 

 

近くで見るとこんな感じ
f:id:piconoglass:20200808180823j:image

 

 

小さな足がついています
f:id:piconoglass:20200808180919j:image

 

 

前回のブログでも書きましたが、コーラの瓶を再生しています

コカ・コーラのロゴが好きなので、うっすらと残っているものもつかいました)
f:id:piconoglass:20200808180848j:image

 

 

次は昼の点灯時

 


f:id:piconoglass:20200808180845j:image

 

 

やはり消灯時とはかなり印象が変わりますね
f:id:piconoglass:20200808180831j:image

 

 

近くでみるとこんな感じ

f:id:piconoglass:20200808180854j:image

 

 

沖縄でたくさん見かけるセロームという植物を育てていて、丁度剪定したものがあったので一緒に撮影してみました
f:id:piconoglass:20200808180900j:image

 

 

沖縄をイメージしてつくったランプ

セロームと相性が良くて嬉しい^^
f:id:piconoglass:20200808180911j:image

 

 

 

そしてここからは夜間の点灯時

 

f:id:piconoglass:20200808180842j:image

 

 

f:id:piconoglass:20200808180839j:image

 

 

ガラスのそのものの美しさに目が奪われますね
f:id:piconoglass:20200808180834j:image



f:id:piconoglass:20200808180851j:image

 


f:id:piconoglass:20200808180828j:image

 


f:id:piconoglass:20200808180914j:image

 

 

 

大好きな沖縄についてアレコレ思いを巡らせながら制作する時間は本当に幸せでした!

 

私にオーダーしてくれて、ありがとう(#^.^#)

 

 

 

 

オーダーしてくれたやーちゃんは、少し前から沖縄のやちむん(焼き物)をモチーフにネイルや、アクセサリーを制作されていて、それがとっても素敵なので是非Instagram見てください!!

 

「umsun(うむさん)」のInstagram

https://www.instagram.com/umsun.20200701/?hl=ja

 

 

 

お店に納品した時の写真

石敢當の隣に設置してもらえて光栄です!! 

f:id:piconoglass:20200808184441j:image

 

 

 

 

 

今回は以上です!

 

また次回をお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで②~制作編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

前回の「イメージ編」の続きで、今回は「制作編」です。
piconoglass.hatenablog.com

 

 

たくさんイメージ画を描いてみて、一番しっくりきた↓のデザインを選びました。

頭の中で「このデザインは手間がかるよ~他のデザインの方が何倍も作るの簡単だよ~」という声が聞こえても、私自身が仕上りを見たいと思うものを作りたいんですよね。

f:id:piconoglass:20200717114939j:image

 

 

前回のブログで「琉球ガラス」のはじまりは再生ガラスだったことについて書きました。本来は廃ビンをドロドロに溶かして、吹きガラスとして再生するのですが、廃ビンを再生させるということを大事にしたいと考えました。

 

しかもアメリカの飲み物であることにもこだわってみました。

 

 

今回使ったのはこの2種類(コカコーラとバドワイザー

f:id:piconoglass:20200717114317j:image

瓶のコーラが1本単位で買えなくて1ダース買いました(°▽°)

 

 

 それを細かく砕いて、、、

f:id:piconoglass:20200717114443j:image

 

 

こんな感じに棚板に並べます
f:id:piconoglass:20200717114439j:image

 

 

それを電気炉に入れて、この中で溶かし固めます。

(今回は約800℃で焼成しました)
f:id:piconoglass:20200717114433j:image

 

 

窯出し後のガラスは角がとれて丸みを帯びたカタチに
f:id:piconoglass:20200717114436j:image

 

 

↑の中からイメージに合うものを選び、実物大の型紙の上にバランスを見て並べていきます。
f:id:piconoglass:20200717114429j:image

 

 

実物大のデザイン画を描き、これをトレースしたものを一つ一つ切り離して、型紙を作っていきます。
f:id:piconoglass:20200717114426j:image

 

 

メインで使うガラスは↓の複雑で深い色合いの2種に

(左側が反射光、右側が透過光)

f:id:piconoglass:20200717121846j:image

 

f:id:piconoglass:20200717121850j:image

 

 

反射光と透過光ではガラスの見え方が変わるので、作品の展示場所や用途によってどんなガラスにしていくかが重要となります。

 

その事についてまとめたブログ

piconoglass.hatenablog.com

 


 メインで使う板状のガラスを型紙に合わせて切ります。

f:id:piconoglass:20200717153702j:image

切るというより割りとっていく感じ

 

 

必要なパーツを全て切り取りました。
f:id:piconoglass:20200717153705j:image

 

 

切り出したガラスパーツ一つ一つの周りをぐるりと銅テープで巻きます。
f:id:piconoglass:20200717153708j:image

全部で約200ピースになりました~

 

 

それらをハンダでつないでいきます。

 

途中でライトにかざして見たりする瞬間が幸せすぎる、、、
f:id:piconoglass:20200717153712j:image

 

 

 

 

 

今回はここまで!

 

次回は「完成編」です。

お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

(オーダー制作・ランプ)大好きな沖縄を詰め込んで①~イメージ編~

 

こんにちは(^O^)

 

ガラス作家の田中加奈子です!

 

 

しばらくぶりな上に、前回のブログで「次はアクセサリー制作について書く」と言っていたのですが、先日納品したランプについて書きたいと思います。

 

オーダーいただいたのはコチラのお方

f:id:piconoglass:20200704154402j:image

 

 東京都豊島区にてネイルサロンを営んでいるネイリストさんの三宅弥生さん(以下やーちゃんとお呼びします)

 

やーちゃんのブログInstagram

 

 

やーちゃんは沖縄出身のネイリストさんで、今回オーダーいただいた際にも「何かしら沖縄の要素を入れて欲しい」とのことでした。

 

私にとって沖縄は特別な場所。学生の時に初めて旅行にいった時からハマってしまい、一人旅でも、旦那さんとも何度も訪れているところ。

 

唯一のアクティブな趣味であるダイビングのライセンスをとったところも沖縄の海でした。

f:id:piconoglass:20200704174122j:image

透明度が高い~

 

 

はじめて沖縄を旅行した時に印象的だったのは植物のエネルギーの強さ

 

雨風の強さから木造より鉄筋コンクリート造の建物が多い沖縄。

それを丸ごと飲み込むような、はたまた包み込むように枝葉、根が張り巡らされている様に目を奪われました。

 

f:id:piconoglass:20200704174509j:plain


f:id:piconoglass:20200704185652j:image

 

離島も好きで、のんびり海ばっか見てすごしたり、レンタルスクーターで島を一周したり、島に一軒しかない居酒屋で新鮮なシャコ貝をつつきながら泡盛飲んだり、、、

 

そうそう、沖縄で泡盛を注文すると必ず琉球ガラスのグラスが出てきました。

f:id:piconoglass:20200704174401j:plain

 

明るい色と気泡、ぽってりと地厚で素朴なグラス

 

琉球ガラスが今のような味のあるガラスになったのは戦後で、アメリカから輸入されたコーラやビールの空き瓶を再利用してつくられるようになってからと言われています。

 

瓶を溶かして再生すると、気泡が入ったりガラスの質が落ちるのですが、それが逆に魅力となって生まれ変わったのが琉球ガラスなのです。

 

今も空き瓶を再生してつくっている作家さんがいらっしゃいますよ〜

 

沖縄の音楽も好きです。三線はできる気がしなかったので、三板と言う沖縄のカスタネットを練習したりしていました。


喜納啓子 Ohana/昌代 :三板(ヒヤミカチ節)

カッコイイ~!!残念なことに私は全然上達しませんでした(*ノωノ)

 

他にも、のんびりした時間の流れ方や、唄をうたっているかのようなイントネーションも、ぽってりした天ぷらも、余計なものが全然入っていないフレッシュジュースだったり、大好きなものがたくさんある沖縄。

 

たくさんありすぎて選べないので、好きなものを一つ一つ思い浮かべ、色んな角度から見つめて、潜在意識に投げ込んでいきます、、、

 

それからしばらくは何も考えないで過ごし、散歩の最中や湯舟に浸かっている時など、緩んでいる時にイメージが浮かんでくるのを待ちます。

 

で、浮かんできたのは、大好きな沖縄を詰め込んだランプのイメージでした。

 

 

 

今回はここまで!

 

次回は「制作編」です。

お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

✴︎オーダーについて✴︎

ありがたいことに2020年分はオーダー上限に達しました!

来年分の受付開始の際はSNSにてお知らせしますので、しばらくお待ちください^^

 

 

◇ガラス作家 田中加奈子について◇

ブログに載せきれない写真や最新情報はInstagramでご確認を!HPもありますので、こちらもご覧くださいね^^

Instagramhttps://www.instagram.com/kanakotanaka_glass

HP:https://www.piconoglass.com

 

 

 

沖縄に行くときには、いつもこの本を読み返しています~

なんくるない (新潮文庫)

なんくるない (新潮文庫)